nanchatte7878’s diary

ここでは主に夫婦やカップルといった男女の関係について描いて行こうという思いでやり始めることにしたなんちゃってブロガーだ

プロ野球開幕2

どもども、なんちゃってとよふみです。

 

前回はプロ野球セ・リーグの順位予想をしました。

 

今回は、プロ野球パ・リーグの順位予想をしたいと思います。

 

それでは早速!

 

順位予想1位は昨年の日本一覇者

北海道日本ハムファイターズです。

何と言っても大谷翔平の年々増してくる凄さは天下一品

投手でも野手でも成績を残していける凄さこそ大谷翔平の凄さです。

また、大谷に負けていられない選手も盛りだくさん。

ジャパンの5番を務めた中田翔にも期待ですね。

 

2位は福岡ソフトバンクホークス

ドラフト1位の田中正義には即戦力の巨大勢力となり優勝争いを大いに盛り上げる存在だ。

個人的には松坂大輔に輝きを取り戻してほしいところだ。

 

3位は仙台楽天ゴールデンイーグルス

昨季5位と低迷したが、スランプあるいは負傷過多だった主力が戻り、2年目を迎えた外国人野手が成績を伸ばすことができれば順位は上げられる。

 

4位は埼玉西武ライオンズ

秋山翔吾、浅村栄斗、中村剛也、メヒア…。個々の能力は高いが、それがチームの成績へ還元されない状況が続いている。今季のカギは、捕手再挑戦となる森友哉、真のブレイクを目指す山川穂高が結果を残せるかどうかが鍵を握る。

 

5位は千葉ロッテマリーンズ

ドラフトで即戦力の佐々木千隼を獲得。石川歩、涌井秀章の2枚看板は健在で投手陣には大きな期待が持てる。だがその一方で、打線では4番のデスパイネが退団。チームトップの24本塁打の穴がチームの成績に響きそうだ。

 

6位は近鉄オリックスバッファローズ

昨季最下位のオリックスだが、今季も厳しい状況は変わらない。糸井嘉男阪神に流出し、それに代わる人材として陽岱鋼を狙ったが、巨人に入団。「同じパ・リーグではなくて幸い」という慰めの言葉もむなしく響く。明るい話題はある。吉田正尚がオフの台湾ウインターリーグで「5冠」に輝く活躍を披露。プロ2年目での大ブレイクに大きな期待が持てる。T‐岡田との2枚看板に加え、ドラフト1位の山岡泰輔が結果を残せるかどうか。

 

 

 

 

こんな感じかと思いますが、

今年の日本のベースボール界もドキドキワクワクの1年間が始まりました。

みなさんもぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

では、

したらば、ごめん。